旅好きのミニマルでシンプルな毎日

Happyであることにこだわったライフスタイル

初めてのバックパック一人旅おさらい...7泊分のケア用品のパッキング

 暇してたお正月に計画をねった妄想一人旅。

とりあえず予約したつもりのホテルが、なんとキャンセルできないプランだった。

 

「行けってことじゃない❓」

と言われて、そうだねーー!思えば一人旅ってずっと夢だったじゃん!

と俄然やる気に。

 

そんな流れで6月にイギリス一人旅に行ってきました。

おさらいを兼ねた記録です。

 

 

とにかく軽量&小サイズに 

一人の電車移動で、身軽に動きたいから

バックパックで行くことにした。

以前購入していたモンベルのキトラパックが晴れてデビュー。

 

thinksimple.hatenablog.com

 

 

そのためにはあらゆるものの軽量化が必須。

以前の一泊旅行の経験を元に、ケア用品の詰め替え作業を開始した。

 

thinksimple.hatenablog.com

 

ケア用品のパッキング記録

  • シャンプー、クレンジング、石鹸:サンプル
  • ニベア、日焼け止めクリーム、バセリン:無印のアクリル小分けケースに詰め替え
  • ベースとファンデーション:無印のコンタクトレンズケースに詰め替えて
  • 化粧水:コットンに含ませてアルミホイルでくるんで
  • アイシャドウ兼アイブロウ、チーク兼口紅:綿棒に絡めてラップで包んで
  • タオル:COCOON コクーン マイクロファイバータオル ウルトラライト
  • 歯ブラシ・歯磨き粉:無印
  • リップ:バセリンの色付きリップクリーム

 

f:id:thinksimple:20170615210847j:plain

 

アイシャドウ兼アイブロウ、チーク兼リップの綿棒は、以前の旅では、1本で十分2日分はあったから、7泊だけど3セットに。

ホテルを変わる時に捨ててくる計算。

 

小さなジップロックに入れて、”Edinburgh”"Lake District""London" と宿泊地を入れた。

 

パウダーをコットンにはさんだけれど・・

"パウダーはコットンにはさんでパフのように使う"という

イデアを試したけれど、コットンにパウダーが吸収されてしまってなんだか上手くいかず。

外で使うときに、使いづらそうだし。

 

そこで、無印の紙おしろいを購入。

 

www.muji.net

 

仕上がりはベストとはいかないけど、さっと使えるし申し分なさそう。

これで準備完了です。

 

タオルも入れて400グラムにおさまった

 

f:id:thinksimple:20170615210902j:plain

 

ポーチも軽量化したくて、モンベルのトラベルキットパックMを購入。

 

 

計400グラム、かつコンパクト。

 

大満足のパッキングができた。

 

帰国後のおさらい

  • これはよかった!!もの
  1. タオル:サブタオルとして髪を乾かしたり、洗濯物を絞ったりするのに、かなり有効だった。特に、ロンドンのB&Bはバスタオル1枚のみで交換は3日に1回だったし。しっかり絞れば、数時間で完璧に乾いてた。

     

    コクーン TSU06-S MファイバータオルUL グレイ 12550033013003

    コクーン TSU06-S MファイバータオルUL グレイ 12550033013003

     

     

  2. 無印の紙おしろい:電車の中などでもさっと直せて便利だった。
  3. モンベルのトラベルキットパックM:軽量薄型でバックパックのどこにでもすっと収納されてくれる。小さなフックがどこにでも引っ掛けられる。
  4. 無印の歯ブラシ・歯磨き粉:コンパクトなのに使いやすい。

 

  • 今後減らせるもの/不要なもの
  1. ニベア:途中でなくなり、バセリンで代用したが十分だった。バセリンはヘアクリームとしても活用可。

     

    ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 80g

    ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 80g

     

     

  2. ベース:ファンデーション(厚塗り)だけで十分だった。乾燥したのか、少し変質して粉状になった。

 

  • 今後検討が必要なもの
  1. アイシャドウ兼アイブロウ、チーク兼リップ:イギリスの気候もあるのかもしれないけれど、乾燥してうまく使えなかった。アイシャドウ自体不要かも。
  2. コンタクトレンズケース:アクリル小分けケースの方が使い勝手がよかった。

 

広告を非表示にする